最近内祝いのために買ったもの

今年の1月に子供を出産して、このごろお祝いを頂く機会が増えました。
「内祝い」というのを選ぶのは初めてなんですが、新聞に「生まれました」というお知らせで
名前が掲載されてから、どこからともなく「ギフト」を選ぶ冊子が届きます。
わたしは、ポイントを利用したいのでネットで注文することにしたのですが、色んなものが
あります。
老夫婦や若夫婦、それぞれにちょうどいいものを選ぶのは難しいので、流行のカタログギフト
にしようかとも思いましたが、あまり心がこもっている感じがしませんよね。
それで、やはりしっかりと選び抜くことにしました。
最近では、子供の名前を入れたお菓子などもあってかわいいのですが、ちょっとバカ親っぽく
なってしまうので、一番日常で使いやすい「タオル」を購入。
それも、桐箱にはいった少し上等な感じに見えるものにしました。
わたしの両親が、さらにそれに菓子折りも付けて持っていくのがいいと言うので用意してくれて、
タオルと和菓子のセットになりました。
人にプレゼントを買うのも苦手なわたしですから、内祝いを買うのもかなり迷いましたが、
あまり遅くなってしまってはいけないものなのでなんとか決断した次第です。

映画を観るためにキャッシングを利用

彼女と映画を見に行ったことがあります。

映画については大好きなのですが、彼女と一緒に行く場合にはいろいろな不具合が登場してしまうものです。

それは彼女の分の費用まで出さなければいけないということです。

そうなれば非常に大きな負担になってしまいますので、どうしようかと悩んでしまうわけです。

映画と言えば、人りあたり1,800円もします。

二人で行けば、3,600円もかかってしまうわけです。

いかに大きな負担になるかが分かるでしょう。

ですので、お金が足りない時に彼女と映画を見に行く時には、キャッシングを利用しています。

毎回5,000円程度借入れしています。

5,000円程度なら大きな費用になりませんので、上手く利用できています。

5,000円程度なら気軽に返済できる金額です。

借入で不数の負担をなくす

借入で例えば、同じおまとめローンでも「A」の金融機関の場合は金利「4.8%~13.5%」限度額が「700万円」ですが「B」の場合は金利「3.0%~17.8%」限度額が「800万円」。

このように、金融機関や金融業者により金利もそのローンの限度額も違いますから、同じ融資商品をに利用するにしても返済の負担が違います。

そのため、せっかく複数の借金をまとめて返済負担を軽減させるのであれば、金利がより低い融資商品を利用する事が望ましいので、おまとめなどを目的とする借入をする場合は、より金利負担の無い融資商品を選ぶ必要があります。
ただし、おまとめ目的に利用できる融資商品でも、借入に伴う申込み条件をはじめ審査の傾向は各金融機関や業者により異なるので、すべての方が金利の低い融資商品を借入出来るわけではありません。

確かにおまとめローンや借換えローンは、複数の借金負担を軽減出来る融資商品ですが、借入を検討する場合は、各融資商品の特徴をよく認識し、なお且つ自身の属性等も考えながら借入先は選ばなくてはいけません。

まず借入をするさいに無担保で低金利で借りれるローンをみつけて借りましょう、これだけで負担は大分減ります、ではもう少し詳しく金利についてご覧ください。